it と this/that の違い(の1つ)

it, this, that は代名詞であるので、もちろんどの単語も何かを参照するために使用される。

例えば、以下の文章があったとする。

We keep the ice-cream machine in the spare room.

もし、これに続く文章の中に、it / this / that が使われていた場合、それが the ice-cream machine を指しているのか、the spare room を指しているのか判断できるだろうか?

実はこの文章は、Practical English Usage という本に載っていたもので、この本によると、it は議論の主題となっている物事を指すのに対して、this/that は文章の最後に出てきた物事を指すということらしい。

We keep the ice-cream machine in the spare room. It is mainly used by the children, incidentally. (The machine is used by the children)

We keep the ice-cream machine in the spare room. This/That is mainly used by the children, incidentally. (The spare room is used by the children.)

引用元 : Practical English Usage (p.584)

ということで、it を使えば the ice-cream machine を指し、this/that を使えば the spare room を指すことができる。

Pocket

One thought on “it と this/that の違い(の1つ)

  1. わかったようなわからないような解説ですね。
    この解説でなるほどと思える人はいないでしょう。それは解説者自らが it/thatの根本的区別を理解していないからでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*