DevTool Software

MSYS2のターミナルからWindowsのVim(GUI版)が実行されていることを判別する

投稿日:

MSYS2のターミナルからWindowsのVim(GUI版)が起動されたことを、Vimの中から判別する」方法を調べていたんですが、なかなか見つからず、若干苦し紛れですが以下の Vimscriptで判別することにしました。

if (has('win32') || has('win64')) && has('gui') && &shell =~ "bash"
  " bingo!
endif

Cygwin だと、has('win32unix') が使えるようですが、それに似たもっとスマートな方法があるのかもしれません。

そもそも今回みたいな使い方はしないんでしょうね。

最終更新日: 2016-06-20

Pocket

-DevTool, Software

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

おすすめ記事&スポンサーリンク

関連記事

OWASP ZAP のCSRF対策トークン自動生成処理は何をしているのか?

OWASP Zed Attack Proxy (ZAP)とは?でも紹介しているように、OWASP ZAPにはCSRF対策トークンを自動で生成してくれる機能があります。これは、自動検査中にパラメータとし …

ローカルのリポジトリを Github に追加する

ローカルには既に Git のリポジトリがあることが前提。 ブラウザで Github にアクセスし、リポジトリを新規作成する。 ローカルリポジトリにて、リモートの設定を追加する。 $ git remot …

OWASP BWA に bWAPP を導入する

bWAPP は、いわゆる「やられWebアプリケーション」の1つです。以前から何度か紹介しているOWASP BWAにはデフォルトで入っていないのですが、ソースコードの変更を見ると、導入しようとしている様 …

OWASP Zed Attack Proxy (ZAP)とは?

オープンソースの脆弱性検査ツールであるOWASP Zed Attack Proxy(ZAP)について説明します。 概要 OWASP Zed Attack Proxy (ZAP)の公式サイトによると以 …

werckerについてのメモ

wercker という継続的デリバリーのプラットフォームサービスがあります。今のところ、GitHubやBitBucketのプライベートリポジトリに対しても無料で使えるようです。公式ドキュメントをざっと …


lathe